ワシントニヤ会

ワシントニヤ会の基本情報

<オーナーズ会員向けのご案内>

【概要】
ワシントニヤ会は1977年竣工の逗子マリーナマンション3号棟(ワシントニヤ館)に区分共有登記する会員施設を中心に、熱海、伊豆白浜、白馬の各共有登記施設も利用できる会員権です。(一定の条件下で他の会の共有登記施設も利用可能です。)ワシントニヤ館は逗子マリーナの敷地のほぼ中央に位置していて、ヨットハーバー、シーサイドカフェ、レストラン、シャトルバス乗り場、総合フロントなど敷地内の各拠点へ近く、比較的広い部屋が多く、角部屋には独立したベッドルームもあります。オーナーズ会員権の中で唯一法人会員も登録しています。各利用可能施設の建設年度は古いですが、内装・什器備品は細目にリフォームを実施しています。

【利用料金】
<ワシントニヤ会の利用料金表: 料金は理事会にて変更する場合があります。予約時に必ず再確認下さい。>
2019年6月1日からの料金表はこちらです。 → 利用料金表


会員カード(個人1口4枚発行) オーナーカード1枚(会員)、メンバーカード3枚(会員家族・二親等内の親族)


【年会費】 10月~翌年9月末が決算年度
個人会員:77,760円 (マンション管理費、修繕積立金、不動産所有税等含む)
法人会員(1会員4口分):311,040円(マンション管理費、修繕積立金、不動産所有税等含む)
(注) 年会費は理事会にて変更する場合があります。                  

より詳細な情報やご不明な点は逗子マリーナオーナーズサービスセンターへお問い合わせ下さい。

【ワシントニヤ会の運営と会報】
法人会員含め、オーナーズ会全体の約4割の会員口数を占めるワシント二ヤ会では、常時10名前後の理事が定期的に理事会を開催して、会や施設の運営内容の向上に向けて活発な議論と活動を行っています。トピックや施設の改修・サービスの改善情報などを掲載した会報も、2007年3月から12年以上定期的に発行・配布しています。下記に掲載されていますのでご覧下さい。